「外国人の雇用や教育をどうするか?」という分野のコンサル事業をはじめたい、ということですが、顧客からの「教えてください」にどんなスタンスで答えるか?に戸惑うのだとすると、"コンサル事業"として始めようとしない方が良いでしょう。顧客と共に、サービスのレベルを上げる、という段階だと思います。


ある希少ガンの分野、とのことですが、日本の癌の病理は世界一進んでいます。世界の富裕層が、日本の病理医に診断してもらうツアーなんかもあるそうです。国内だけでも、需要に対して供給が圧倒的に足りてない分野ですし、No.1に対抗するにも、自分の専門領域に、その他の要素で掛け算を作れば、いくらでもエッジを作れます。


日本の農業がとても弱くなってしまったのは、資本主義の社会にありながら、農業従事者にその役割を果たさせない政策、特に"売る"という部分を支配された形で来てしまったせいです。まず人に頼らず、自ら売る努力をはじめるところから、資本主義的な活動をスタートさせる必要があります。


4ステップマーケティングは、どんな業界でやるにも原理は同じですが、色々な形で実行できます。ターゲットを誰にするか、学生ならリーチし始める時期はいつにするか、コミュニケーションのやり方や頻度は・・・ナドです。本には8割くらいのことを書きましたが、残りの2割は生の実践の世界です。


私はその昔、四柱推命の大家の先生をお手伝いしていた時期があるのですが、本当に運が良い、というのは、放っておいてもその国の国家元首になるようなことだそうです。運とは、個としてやるべきことを全部やった後に、本当に公に向かって大きなことをする時に、動くものです。それ以前はすべて努力です。


「事業を成功させた利益で、もう一つ事業やる」というのは、本当はお勧めできません。ワークをしている上では、資本主義社会の成功に行き着けません。個人であれ企業であれ、稼いだお金を投資に回して、もう一つ大きい動かし方をしないと、経済の競争を抜けて、本当にやりたいことに集中できないんです。


海外に出て行った日本企業で、結果的に成功した会社は「どこであっても、このやり方をした」という、明確な戦略があります。2つの文脈があって、まずその国のきちっとした人脈に、5年、10年越しで入っていくやり方。もう一つは・・・日本を背負ってケニアで頑張るあなたには、こっそりお教えします。


福岡は現実的に住み易く、都市に求めたい全てのものが揃った、パッケージとして最高に素晴らしい街です。にもかかわらず相対的に不動産が非常に安く、東京で払う同じ家賃で驚くほど広く、快適な部屋に入居できてしまいます。保有するすべての事業と共に、福岡に移住する起業家の方もいらっしゃるようですね。



自分が何かをやると決める、特にマルチタスクで、という場合に、世の中のニーズや自分の基準から外れてしまい勝ちです。好きなこと、得意なことに絞って集中するか、次々と新しいことを手掛けるかは、自分の性格やタイプに合った選択をすべきですが、後者の場合、「やった端から忘れる」ことが大事です。


世の中は、誰かが新しいことを作ってあげないと活性化しないし、生活も楽しいものになりません。話題になるとかヒットして、人の目を引くためには、あるジャンルの、これまでの枠組みや概念を壊す必要があります。面白い枠の壊し方ができれば、新しく幅を広げられます。やり方は無限にありますよ。


アートワーク

月別 アーカイブ