コンテンツとプラットフォームを考えた際、プラットフォームは時代と共に入れ替わりますが、価値あるコンテンツを持っていればその都度流行りのプラットフォームにリーチしていくことで強さを発揮できます。
ですが、可能であれば書籍なども含め、様々なプラットフォームにリーチしていくのがよいでしょう。


脳にどんなデータが入っているか?そしてどう判断するか、このどちらか一方を変えれば人は変わる可能性があると思います。
それを確認するためには色々と質問を投げかけ、相手のタイプを見極める必要があります。
そして相手が油断した所にデータなり何なりを入れ替える・投げかける事で、相手の脳を活性化できると思います。


マーケットの中でその会社がどのような立ち位置にあるかによって変わってくると思いますが、類似の会社とバチバチに戦う様な立ち位置にある場合は、こちらから上手に状況などを上に伝えていく、逆にそうでない場合は上から相談されるまで待つのがいいと思います。


人にはそれぞれ睡眠時間の長い短いや朝方夜型などタイプがあると思います。
まずはご自分が一番パフォーマンスを発揮できる睡眠の長さや活動時間帯などを探って、自分が睡眠においてはどういったタイプなのかを再認識するのが良いかと思います。


まずご自分が刺激を与えなければいけないという考えを捨てて、その相手の方に刺激を与えられそうな人物を連れてくるのが良いと思います。
その際には最低でも3年くらいはお付き合いのある人で、ご質問者とその仲の良い経営者の間くらいの年齢だといいと思います。


成果自体は変にコントロールしようとせず、思いっきり上げてください。
また、これまでのそのプロジェクトの歴史をしっかりと資料化し、
新しく来た取締役にそれをしっかりと説明して理解してもらう事が重要だと思います。
決して敵対等はしないようにしてください。


まずは事務所に所属してはいるけど独立自営してやっている、という感覚を持ってください。
そしてあなたが対応するクライアントは、所属する組織についているのか、
それともあなた自身についているのかを考え、少なくとも3割はあなたが居るから、
というレベルまで持って行って独立した際の感覚を体感してみてください。


嫌われる勇気とは、嫌われることを理解しながらも、長期的にはそれが良いと判断できる事で、
私の著書はビジネスに特化したものと言えます。
また、個人にしろビジネスにしろ、これ以上はたとえ相手に嫌われてでも受け入れない、
という境界線をしっかり持つという事も重要です。


まずはリーダークラス3~5人程度に「人称本」を読んでもらうなどしながら、
その人を中心にどう広めていくかの取り組みをし、タイムラグを設けながら下流にも広めていくのがいいと思います。
また、〝人称"が日常会話で使われるように共通言語化するのも効果的です。


飲食店経営はとかく料理で勝負してしまいがちですが、飲食店はコミュニケーションの場でもあるので、
コミュニケーションそのものも料理に含めることで顧客の記憶にも残り易く、来店頻度の向上にも繋がります。
また、こういう状況では逆に営業しすぎない、という事も重要です。


アートワーク

月別 アーカイブ