2011年9月アーカイブ

今自分が扱っている商品にも、お店にもこだわる必要はありません。顧客の洗い出しをした上で、「自分は何屋だ」という枠を外して考えれば、いろいろな戦略が考えられると思います。


「2011年。石原明が今、4ステップマーケティングを語る」をメインテーマに、インターネット時代のマーケティングを独自の4ステップマーケティング理論にそって解説しています。また、注目の企業ではAKB48のプロデューサー秋元康氏を取り上げ、そのすごさについて解説。今月の一冊では、「ビジョナリーカンパニー2」を解説しています。

fifth.pdf

大好評毎週連載中の「石原明の経営のヒント+(プラス)」のパワーアップコンテンツとして、今年5月27日より配信がスタートしております「石原明の経営のヒントプレミアム」よりお知らせです。「経営のヒントプレミアム」年間定期購読の方々への特典である『シークレットライブ』の第1回開催日程が決定致しました。
既に「経営のヒントプレミアム」をご存知の方も、また、初めて耳にした方もどうぞ是非、案内をご覧下さいませ。

◆◆◆「経営のヒントプレミアム」は、経営コンサルタント 石原明が考える「生き方の極意」「成長への取り組み」そして「経営の真髄」を解説したポッドキャストによる音声コンテンツで、「経営のヒント+(プラス)」がパワーアップした学習意欲の高い皆様にも聴き応え充分の内容です。◆◆◆

1029_podcastseminer_02.pdf

介護は「儲かりそう」というだけで、ビジネスモデルやマーケティングをよく考えずに参入して失敗してしまう典型的な業界の一つです。まずしっかりと収益を出している現場を見に行って、いろんな事例をベースに強いビジネスを作り上げることです。

ビジネスがうまくいかない理由に「誰とやるか?」を間違えてしまうことですが、何よりもまず売ることができないと事業は立ち上がりません。もしはじめから誰かと組むとしても「すべての売り上げを作るのは自分」というくらいの覚悟でいてください。
インターネットの時代にマッチしたマーケティングの完成形が、4ステップのマーケティングです。これは"理論"ではなく"法則"なので、当てはまらない業種はありません (*^_^*) 特に、ビジネスを長く続けていくために不可欠なのが、見込客フォローの考え方です。

まず、営業マンが商談の場で主導権を取れるように会社側がサポートするしくみが特に重要です。詳しくは『営業マンは断ることを覚えなさい』を読んでいただきたいのですが(笑)、4ステップのマーケティングのしくみを確立することからスタートされるといいと思います (*^_^*)


月別 アーカイブ