2011年10月アーカイブ

顧客もスタッフも、人の入れ替わりがないことが問題です。一番仕事ができる人が現場を離れ、営業をすべきです。スタッフのスカウトも同時に行い、タレントを養成するような形で組織を作っていくと面白いと思います (*^^)v
「どんな目的のためにこの組織が存在するか?」、「何のために自分がこの仕事をするのか?」という仕事をする目的を明確にすることで、組織として個人としても、力を発揮しやすくなります。そんな考え方で、「顧客との接点の中で浮かんで来た○○を言葉にして」作ってみてください (*^_^*)
今後の日本では、大量消費や流行を追うような従来の消費のあり方ではなく、その人、その企業にとってのスペシャルなものが求められるようになります。顧客と関係を作る努力をするというよりは、顧客から求められて止まないほどの、スペシャリストとして突出した存在になることを目指すべきです。
景気の良いときは一つの突出した能力や専門性があれば良かったのですが、これからはそれだけでは通用しません。特に人とつながる能力や営業力は不可欠ですが、そのためにも今から興味の幅を広げ、色々な分野の専門家から話を聞くことからはじめましょう。

月別 アーカイブ