2011年12月アーカイブ

経済社会ですので、何らかのことをして対価を得られないと生きていけませんから、少なくともはじめから"のんびりと平凡に"という生き方は難しいと感じます。経済的に自立できている人は、必ずどこかで集中して努力した時期があるものだと思いますが、その後はその人の選択の問題なので、"のんびり平凡"もちろんアリだと思います (*^_^*)

「戦略的な生き方 〜今やっていることが、全て未来を創っている〜」がメインテーマの今回は、未来に繋がる"作戦"の立て方について語ります!また注目の企業ではショーファーサービスの「お抱え運転手」サービスのビジネスモデルに迫りました。今月の一冊では『人生一手の違い −「運」と「努力」と「才能」の関係』を解説しています。premium8.pdf

確かに会社という単位でみればそうですが、その環境の中で自分がどうするか、ですよね (*^_^*) 会社や組織を変えようというときに、直接上を変えようとする人が多いのですが、これでは変わりません。自分が影響を及ばせる範囲で成果を上げ続けることで、結果的に組織は変わっていきます。
まず売るものを確定できないとマーケティングは作れませんが、ビジネスで難しいのは"何をやらないか"を決めることです。売上げではなく利益ベースで自社の一つ一つの仕事を精査しながら"やらないこと"を決めていき、どこで勝負すれば勝てるかを顧客目線で見極めましょう。おすすめしたい勝負のポイントは「○さ」です (*^^)v
まだ十代ということなので、ご自分の将来にどんな選択肢がありうるか、情報を集めることからだと思います。いろんな仕事に触れてみて、たくさんの人に会う中で、自分の傾向みたいなものを掴んでいってください。一つポイントを言うと、「○○の専門性とコミュニケーション能力」がある人材が成功しやすいです (*^^)v

「どんな仕事でも"スペシャリスト"になることの重要性」がメインテーマです。「現場のスペシャリスト化」が組織運営の改善に!?また注目の企業では、日清食品ホールディングス「カップヌードルミュージアム」を取り上げました。企業ブランディングの参考にしてください。今月の一冊では『俄(にわか)--浪華遊侠伝』を解説しています。premium7.pdf

運も確かに重要ですが、「"基本的な知識やセオリーを知った上で"努力する」ことが大切です。ビジネスを思いつきで始めずに、「どうしたらすべてのライバルに勝てるか? 競合は過去のどんな失敗をしてきたか?」を徹底的にリサーチし、"勝つためのセオリー"を見つけてからスタートすべきです。

月別 アーカイブ