2012年3月アーカイブ

メインテーマでは、「SNS元年。私はFacebookをこう見る 〜 石原流Facebook活用法 〜」と題し、最近質問を受けることが多いFacebookについて、私の視点をきっちりお話しします。注目の企業では、海外引越し専門会社「クラウンライン」を取り上げ、「生きたなデータを持つことのすごさ」をお伝えします。今月の一冊では、私の著書である『「成功曲線」を描こう。 夢をかなえる仕事のヒント』を解説しています。ishi_pre11.pdf

今リスティング広告の代理店は、とても優秀な(マジメな)会社と、そうでない(いい加減な)会社の差が激しい状況です。あなたが社内でリスティングのスペシャリストになれば、優秀な代理店をコントロールして勝てるようになります。それに将来、今いる会社以外からもひっぱりダコになるかもしれません(笑)。
「"特定の何か"を目指している人向けのコーチング、カウンセリングを専門でやります」というように、需要や欲求が強いところを見つけて、そこに絞り込んで勝負するといいと思います。今あるマーケットに対して自分を合わせていく、という思考を持つことが大切です。
この方の場合は、ご自身の会社を別に作ってしまった方がいいと思います。営業を担当されているなら営業会社を作り、今いる製造会社を含めて5社くらいの下請けに仕事を回せるような営業力を持ってしまえば、ご親族の会社と程よい距離感でビジネスができる関係を築けると思います。
マーケットをよく観察して、業界全体が5年後、10年後にどうなるかを見通しながら経営ができる、経営者としての戦略的な思考や視点を持てるようになってください。
また、行政書士の知識も経営のプラスにはなりますが、外へ出て営業を経験した方が良いでしょう。
経営者は誰でも、どこかに優秀な人がいないか、365日探しています。ただ、この質問者の方くらい優秀でも、こういう企業家タイプの方は、正規のルートで入社試験を受けてもダメです。そこで、直接経営者の方に会えるような努力をされるといいと思います (*^^)v

月別 アーカイブ