2015年7月アーカイブ

「結婚」をゴールにせずに「恋愛」にズラし、ハードルを下げて人を集めているのは正解だと思います。ビジネスとして拡大を考えるなら、今後は参加者からお金をもらうことを考えない方がいいかもしれません。「人が集まることをどうやってお金に換えるか?」という視点で、協賛企業や自治体に価値を提供させるビジネスを考えてみてください。


もしかすると「狙うべきマーケット」が違ってしまってるんじゃないでしょうか? ライバルや集まる女性ナド、参加するイベントをよく分析して、自分が勝てる場所に行くことを考えるといいと思います。ただ、そもそも婚活イベントに行ったり、もっと言うと婚活することそのものが、結婚を遠ざけてしまっているのかもしれません。。。


まず相手にとってつまらない話はつまらないですので(笑)、相手が何を面白がるかをリサーチすることからですね。また、自分が面白いと思う話のその中身を、相手に分かる形で説明し切れていない場合もあります。特に情報感度が高い人に何かを伝えるには、まず最初に相手のアンテナにフックできる投げかけをして、振り向かせる必要があります。


まず現在の事業、つまりお父さんが築き続けて来られた事業を伸ばすには?、と考える前に、会社というのは本来何をやってもいいんです。後継者の方の多くは「業=会社」と捉えてしまうのですが、"会社"を継ぐのであって、"業"を継ぐわけではありません。「事業継承=多角化」と考えて、まずご自身一人で、新しいことを始めてください。


フランチャイズをスタートするに当たって、そのパートナーの方がお金を出してくれて、質問者の方が雇われ店長として、店舗経営の実務を経験できるのであれば良いかもしれません。そうしてもし1店舗目が上手く行って、2店舗目を出す時には共同経営、3店舗目は自分がオーナーで・・・ナドの取り決めをしっかりして、お互いクリアにしておくことをオススメします。


月別 アーカイブ