第305回 質問「映像制作の事業者です。今後、マルチな技術者には未来はありますか?」

2015年11月19日 20:30

世の中に出る時の商品は映像ですから、制作の過程で撮影、編集、音声・・・と多くの要素が必要です。つまり、「これは私の作品です」と言える、いち制作者として社会から評価を受けるためには、マルチであることが最低条件になります。その理解の上で、世界を志向した渾身の映像作品を年に1〜2本創るナド、今のビジネスを抜ける方向で考えてください。


アートワーク

月別 アーカイブ