2015年12月アーカイブ

まだ20代前半の方だということですので、ご質問にあるような貯金や投資ナドではなく、まず実力をつけてください。資本主義社会での実力とは「作るか・売るか・サービスするか」の3つですが、能力を磨いて、稼げる自分になるための投資をしてください。そうして使えるお金が大きくなってから、投資や起業ナドを考えると良いと思います。


資本主義社会のベースは経済であるものの、何かに対する"対価"になり得るものは、お金以外にも多くあります。何かの仕事を無償で行うことで得られる経験や自己成長、相手との繋がり、実績やブランド・・・ナドですね。実は私も、自分よりはるかにレベルの高い方たちがこちらに使ってくれる時間に対しては、有り余るほどのお返しを無償でしています。


質問者の状況をお聞きすると、今の会社はまだ辞めない方が良いと思います。入社3年目にして、既にいくつかの部署を経験されているそうですが、これは会社側から、将来的にかなり有望な人材だと評価されていると思います。また、起業や独立を「一人でするもの」だと考えている人が多いのですが、会社員時代にどんな人脈を築いておくかも大切です。


資本主義社会の中で、一度お金を稼ぐことにストレスが無くなってしまうと、一旦"卒業"みたいな感じになります。その後に「自分が何がしたいのか?」と考えてみると、初めて制約のない形で、色々な所へ行けるようになります。私の場合、自分を世の中にどう活かすか考えた時、その中心にあったのが"人が知らないことを分かりやすく伝えること"だったんです。


まず経営者が"企業活動が何をベースに行われているか"を社員全員に理解させる必要があります。商品やサービスを喜ばれる形で販売することで、組織に参加する人たちの生活や人生が豊かになる----それに同意して努力し、貢献する人間以外、組織に居てはいけないんです。ただご相談の内容から、問題の根本は「売上げが上がっていないこと」だと思います。


月別 アーカイブ