2017年8月アーカイブ

私の人生を振り返った時に、スゴク価値があったのは、やはり若い頃に本を多読したことです。人に会った時に会話が生まれるのは、仮説を立てられるからですが、そのための素養と知識ベースを持つ必要があります。1000冊ほどの本をノンジャンルで、世の中の見え方が変わるくらいまで、集中して読んでみてください。


ヒアリングには、的確に質問ができること以外に、もう一つの要素が必要です。こちらを「信頼に足る人物だ」と相手に思ってもらうことです。信頼を得るには、ヒアリングする内容や相手に対する、深いレベルの予備知識を持っているとか、その分野の第一人者の中から、共通の知り合いを見つけるナドがあります。


人間の脳は、語学を習得する上では、少々やっかいな作りになっています。脳はその構造上、母国語以外の言語を入れようとすると、拒絶するようにできているんです。そこをクリアするには、英語圏の国の、周りに日本人のいない場所に行って、「英語を使わなければ生きていけない」環境に身を置いてしまうことです。


人間の脳は刺激によって開発され、その刺激に同調して活性化します。一番良いのは、自分より頭の良い人に会いに行くことですが、いきなりそうした方と関係を築くのは難しいので、まずは本がオススメです。本当に賢い人がしっかりと思考して書いた本を使って、その思考の質やスピードについて行く訓練をしてください。


私たちは生きていく中で「自分とはこうだ、社会とはこういうものだ」と、良くも悪くも印象付けをされて来ています。学んだことが、いつの間にか自分を縛る足かせになっていることもあり、必要でないものは外していくべきです。自分の価値観や常識外の新しい情報や刺激を拒絶せず、まず「面白そう」と受け取るクセをつけることが大切です。


月別 アーカイブ