2017年12月アーカイブ

部門長には、2つのことが同時に求められます。一つは成果を挙げること、もう一つは人を成長させることです。経営は、計画されたことが各部門で実行され、成果が上がってはじめて成り立ちます。この成果、結果を出すことがまず第一で、人の成長は第二なのですが、プレイングマネージャーの存在も、そのバランスの中で求められます。


経営にはいくつかの形態があります。大企業の経営、中小企業の潰さない経営、IPOするベンチャーの経営です。どれも同じ株式会社という制度を使っていますが、中でもIPOの経営では、会社の成長が何倍もの株価になって帰ってくるような経営ができていないといけません。このことが分からない「自称ベンチャー」が本当に多いんです。


あるスポーツを商業的に成り立たせるのは、本当に大変ことなんです。どんなに凄いスター選手がいても単なる「いちプレーヤー」ではダメで、その活躍の場をプロスポーツとして成り立たせているのが何で、誰がお膳立てしてるのかを、選手も理解している必要があります。カギになるのが、高いレベルでの情報発信、つまりコンテンツです。


まず今の社員たちと同列のポジションで入社し、最年少ながら、半年後にマネージャーになる予定、ということですが、あなたなら、まったく、心配しなくて大丈夫でしょう。目の前の仕事+αをしっかりとこなしながら、今いる方々を活かしてあげてくだい。上司になるあなたの実力を認めさせつつ、良い関係を作れると思います。


月別 アーカイブ