2018年4月アーカイブ

日本では今、働き方改革で「能力出さなくていいよ、みんなと同じでいいよ」という方向に行っていますので、そんなヌルい日本の現状の中、一人で自分の実力を磨きに行くのは素晴らしいです。ぜひアメリカ人がみんな驚くようなガッツを見せて、一番仕事ができる、自分よりも何倍も速い人を捕まえて、ついて行ってください。


お祖父さんの残された会社を、ということですが、あなたの場合、社名は変えずに残した方が良いと思います。ご自身が実力のあるデザイナーさんですので、時代を感じさせるその社名はそのままに、デザインのレベルを思いっきり上げて、社名ごとロゴにしてしまうと良いでしょう。デザインの価値には上限がありません。


「トリコロジスト」という頭皮や薄毛ケアの認証資格をお持ちで、その施術がSNSで評判になり、今お勤めのヘアサロンがかなり忙しい。サロンのオーナーからは、あなたの技術のシェアを求められている。今いるサロンで自分のやりたいことをやっていいのか?、というご質問ですが、お互いが掛け算になる形を作れると面白いですね。



労働組合だけに限らず、「今の状況がマズイ、先が無い」とき、かつ「自分の能力ではその状況を打開できない」ときに、どう考えるべきか?・・・これにお答えするために、今回、このご質問を取り上げました。大切なのは、まず大きな方針を決め、"決断を先にする"ことです。その上で、将来の行動のための準備を始めてください。



月別 アーカイブ